歯医者さんが苦手な方へ

お口を見られるのが恥ずかしいという方

歯科医院に行くのが恥ずかしいという方がけっこういらっしゃいます。
「こんなになるまで放っておいて、何か言われないかしら」
「汚い口の中を誰かに見られるのって、ちょっと恥ずかしい……」
恥ずかしいと思うお気持ちはよくわかります。ですが、あなたのお口だけが特別なわけではありません。お口の中のトラブルは、多かれ少なかれ誰でも持っているものです。恥ずかしさから放っておいて手遅れになるよりも、早めの通院がよりきれいなお口を保つための近道です。

3つの個室診療ブースでお迎えします

また、「大きな口を開けているところを、ほかの人に見られないか気になる」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ご安心ください。あおば歯科には3つの個室診療ブースがあり、ご希望いただければ、ほかの方とお顔をあわせることなく治療を終えていただくことができます。プライバシーをしっかり確保しているため、デリケートなお話も周囲を気にせずお話しいただけます。「入れ歯がコンプレックスで人に見られたくない!」という方にも好評です。

個室診療室は3つのタイプからお選びいただけます

個室診療室は3つのタイプからお選びいただけます

個室診療室は3つのタイプからお選びいただけます

コーディネーターがカウンセリングを行います

あおば歯科ではいきなり診察台のイスにお通しして治療を始めることはありませんまずは専用のカウンセリングルームで、当院のトリートメントコーディネーターがあなたの気になる症状やお気持ちをきちんとお聞きしてから、検査や治療をしますので、ご安心ください。

まずはカウンセリングルームでお話を伺います

まずはカウンセリングルームでお話を伺います

まずはカウンセリングルームでお話を伺います

まずはカウンセリングルームでお話を伺います

まずはカウンセリングルームでお話を伺います

叱られないか心配な方

歯科医院が苦手という方は、治療の痛みへの不安以外に「歯医者さんに行くと、叱られる」という印象をお持ちではないでしょうか。

確かに、世の中には患者さんの意識を変えたいという一心で叱ってしまう歯科医師もいるかもしれません。そのため、歯科医院に対してあまりよくない印象を持たれた方も多いかと思います。しかし、その裏には、「あなたを歯の痛みや悩みから、もっと早く救いたかった」という思いがあるのです。「もうちょっと早く来てくれたら打つ手があったのに。ここまで虫歯が進んでしまったら、歯を抜くしかないじゃないか」という気持ちがあったのでしょう。早く救いたかったという気持ちが強くて患者さんを叱ってしまったのでしょう。歯科医師として決して褒められることではありませんが、あなたの歯を救いたかったのだということは、頭の片隅においてあげてください。

叱らない歯医者として

しかし、あおば歯科のスタッフ・ドクターは、あなたを叱ったりすることはありません。なぜなら私たちは、今の状態からでも遅くない、今の悩みを軽くするために、お役に立てることがあることを知っているからです。そして、私たちは勇気を出してあおば歯科に来ていただいたあなたを、心から応援していきます!

そのために、まずはあなたのお話をゆっくり、丁寧に聞かせていただきます。ですから、「歯医者さんは怖い」「叱られたりしないだろうか」などと思わずに、どんどんあなたの過去の経験や胸の内をお話しください。そのお話をもとにして、あなたのお口の中を快適に、健康にして差し上げるのが、あおば歯科なのですから。

叱らない歯医者として

叱らない歯医者として

叱らない歯医者として

叱らない歯医者として 叱らない歯医者として

小さなお子さまをお連れの方

スタッフがお預かりすることも可能

歯の治療はしたいけれど、子どもを連れて行っても大丈夫かしら……
あおば歯科では、そんな心配は必要ありません。
待合室の横にキッズルームがあります。お子さまが退屈しないよう、おもちゃや絵本をご用意しています。

お子さまも快適に過ごせる院内

スタッフがお預かりすることも可能

  • 1番ユニットはブラインドを開けると大きな窓でキッズルームがよく見えますので、お子さまも安心です。
  • 3つの個室診療室がありますので、お子さまをお連れいただいても他の方にご迷惑をおかけすることはありません。
  • トイレには「オムツ替えシート」も完備していますので、赤ちゃん連れでも安心です。

叱らない歯医者として

叱らない歯医者として

叱らない歯医者として

スタッフがお預かりすることも可能

スタッフがお預かりすることも可能

「治療の様子を子どもに見られるのはちょっと…」と思う方は、あおば歯科のスタッフがお預かりすることもできます。スタッフは皆子ども好きで、保育士の資格を持ったスタッフもいます。時折スタッフの子どもがいることもあり、院長の長女は「看板娘」として、患者さんに笑顔を振りまいているほどです。 あおば歯科は、お子さま連れのお母さまに「通いやすい」と大変お喜びいただいています。

お母さんが「歯が痛い!!」という顔をしていると、お子さまも心配するものです。お子さまのためにもきちんと治療して、笑顔の素敵なママでいてください。

スタッフがお預かりすることも可能

スタッフがお預かりすることも可能

今まで、ずっと治らなかった方

「何回も通っているのに、一向によくならない」
「高いお金を出して詰めものの歯を作ったのに、何度も作り直している」
「どの歯医者に行っても、ちっとも痛みがおさまらない」

こういった不安や不満、お悩みが解消されない原因は何なのでしょうか?これは歯科医師や歯科衛生士の技術に問題がある場合もありますが、実は医院側が患者さんの状況を正確に理解・把握していないことが多いのです。

叱らない歯医者として

叱らない歯医者として

叱らない歯医者として

1,000人の患者さんがいれば1,000通りの症状と治療方法がある

どこにどんな症状や痛みがあるのかは、患者さん一人ひとりで違います。それは患者さんご本人にしかわかりません。ですから、1,000人の患者さんがいれば1,000通りの症状と治療方法があるのです。そこで最適な治療を行うには、歯科医師や歯科衛生士が患者さんの気持ちを理解し、症状を把握していることが何よりも重要です。

もちろん、治療にあたっては医学的な知識や検査は必要です。しかし、症状に対し最適な治療を施すには、知識以上に患者さんの気持ちを知り、汲み取る姿勢がなければいけないと考えています。「今まで、どこの歯医者さんに行っても治らなかった」と思わせてしまっているのは、もしかしたらこれまでの歯科医師からあなたへの思慮が不足していたからなのかもしれません。もしかしたらあなたが今感じているお口の中の不快な症状は、歯の治療ではなく、普段の生活をほんのちょっと改善すればすむことかもしれないのです。

1,000人の患者さんがいれば1,000通りの症状と治療方法がある

私たちは歯の治療をするだけが歯科医院だと思ってはいません。あおば歯科では、患者さんの気持ちを一番大切にしています。ですから、ご希望だけでなく不満や疑問など、あなたの思うままをお話しください。スタッフ全員が全力を挙げて、サポートさせていただきます。

強引な治療はいたしません

「1本の歯の痛みを何とかしたくて歯医者さんに行ったのに、いつの間にかいくつも治療されて、思いのほか時間も費用もかかってしまった。そんな経験をした方は少なくないはずです。それが当たり前だと思って、歯科医院に行くのをためらわれている方も多いのではないでしょうか。

あおば歯科では、患者さんがいやだと思うことはしません。望んでいない治療や必要以上の検査をすることもありません。大事なのは、あなたがどうしたいか、どうなりたいか。それをお聞きしたうえで、必要な治療をします。

一人ひとりに本当に必要な治療は何なのかを一緒に考え、治療方針を立てることが一番重要だと考えています。そのために、あおば歯科ではじっくりと患者さんとお話しさせていただきます。どんなことでも、ご希望や疑問、不安などありましたら、お聞かせください。

強引な治療はいたしません

強引な治療はいたしません