あおば歯科 患者様に聞く 小野由美子様

大丈夫、信頼して任せられると思えました。

(小野由美子様について)

福島県いわき市生まれいわき市育ちの50歳。東日本大震災の後、野田市に一時的に移住されています。趣味は韓流ドラマ鑑賞とドライブとのこと。

インプラントを4本入れました。

― 小野様はあおば歯科でどんな治療をなさいましたか?

あおば歯科では、上の前歯4本のインプラント治療をお願いしました。その他、奥歯の治療や、歯周病の簡易切開治療などもお願いしています。

ウチは歯が弱い家系で、わたしが物心ついた頃には父も母も総入れ歯でした。残念ながら娘のわたしもその弱さを受け継いだので、歯では苦労してきました。あおば歯科にはいろいろとお世話になっています。

土地勘がなかったので、歯医者選びは迷いました。

― 今回、あおば歯科を選んだ経緯を教えてください。

わたしは福島県のいわき市で生まれ育ちましたが、2011年の東日本大震災がきっかけで、野田市に引っ越してきました。今は野田市の大学に通う次男と一緒に住んでいます。主人はいわき市で働いており、わたしの住民票もいわき市にあるので「一時移住」という形です。

移住して少し気分も落ち着いてきたころ、前歯の差し歯の調子がおかしくなってきたので、歯医者に行こうと思いました。

そこで困ったのが歯医者選びです。いわき市なら土地勘もありますが、ここ野田市では右も左も分かりません。とりあえずはネットで「野田市 歯医者 評判」のような言葉で検索をしました。どう選んで良いか分からなかったので、とにかく口コミを見よう、評判が良い歯医者にしようと思ったのです。

そうして最終候補に残ったのが、あおば歯科ともう一つの歯医者でした。

車に乗って両方の歯医者さんの前まで行き、外観や雰囲気を確認した上で、あおば歯科に決めました。あおば歯科の方が家から近かかったのと、印象が良さげだったのとが選んだ理由です。

あおば歯科は明るく、陰気さがなくて良いと思いました。

― どんな点が良かったのでしょうか?

写真1

車の中から覗いた印象だけでも、明るく陰気さがなくて良いと思いました。その頃は慣れない土地で緊張する日々でしたし、いろいろと考えることも多かったものですから、どうせ通うなら明るい雰囲気の場所がいいなと思いました。

またホームページには、子供の歯の治療に真面目に取り組んでいることが書いてあって、良心的だと思いましたし、子供想いのいい先生なんだろうなという気がしました。別なページには「器具だけでなくスリッパも殺菌している」と書いてあり、「私が今まで行った歯医者さんでそういうところはなかったなあ」と驚きました。

一回目に来院したときは、「カウンセリング」がありました。最初は、「え、もしかして、これ有料??」と心配してしまいましたが、無料でした(笑)。カウンセリングでは、「差し歯の調子が悪い、ぐらつくので直したい」と伝えました。

最初は差し歯の作り直しを希望していたんです。でもCTやレントゲンで調べたところ、残念ながらそれは無理のようでした。

納得して治療を受けたかったので、疑問に思うことはすべて質問しました。

― 「差し歯の作り直しは無理のようだった」とは、具体的には?

松浦院長からは、「レントゲンやCTで調べたところ、差し歯を入れている歯も周辺の歯茎も、どちらもだいぶ弱っている。ここで差し歯を入れ替えても、おそらく長持ちしないと思われます」と説明がありました。その上で、「今はインプラントという治療法もあります。どうなさいますか?」と問いかけがありました。

― その説明を聞いて、どう思いましたか?

差し歯が無理なのは残念でした。でも自分の歯や歯茎が弱いことは自覚していたので、仕方がないなとも思いました。他の歯医者に行っても、たぶん同じように言われるのでしょう。だったらこの機会に、インプラントにして根本的に治した方が良いかもしれない、そう思えてきました。

ですがインプラントは高額な治療です。自分の中で納得してから受けたいと思いました。

いわき市に住んでいた頃に行った歯医者さんでは、レントゲンを撮るでもなく、カウンセリングをするでもなく、何の説明もなしにいきなり治療を始められたことがありました。年配の男の先生でしたけど、あれは印象悪かったですね。

高額のインプラント治療でそんなやり方をされてはたまらないので、松浦さんにはすべての疑問をぶつけました。インプラントについては治療事故が起きていることも週刊誌やテレビを通じて知っていたので、そのことも質問しました。

そして松浦院長はどんな質問にも納得できる答えを返してくださったので、大丈夫、信頼して任せられると思えました。やるしかない。インプラントをおねがいすることを決意しました。

麻酔注射が痛くなかった。歯医者の技術も進んでいるんですね

― その後のインプラント治療への感想をお聞かせください。

治療はもうおまかせです。スムーズに進行し、あれよあれよという間にインプラント4本が入りました。術後の経過も良好です。とりあえず歯については一段落した気持ちです。

治療中、要所でモニターを使った説明があるのは良いと思いました。高いお金を払っているわけですから、常にちゃんとした説明を受けたいです。

麻酔が痛くなかったのは、おどろきでした。私がはじめて歯医者に行ったのは小学生のときでしたが、苦労して行った歯医者では麻酔の注射が泣きそうになるほど痛かったことを今でもよく覚えています。

でも、あおば歯科の注射は痛くなかった。世の中、技術が進んでいるんですね。注射だけでなく、どの治療もほとんど無痛でした。

歯の型取りをしたときも、衛生士さんが手際よく型を取ってくれて、「ここの歯医者、上手だな~」と感心しました。むかし行った歯医者さんは腕が悪かったのか、型取りが一回で終わらず、何度もやった記憶があるんですよね。あおば歯科はスタッフがみなさんテキパキ動いていますし、「教育がちゃんとできているな」と好印象です。

「これからも野田市の人々のためにがんばってください!」

― 現在インプラントを考えている方へ、アドバイスがあればお聞かせください。

わたしは歯が生まれつき弱かったので、治療しても治療しても少しずつだめになっていきました。「いやだなあ、まだ50歳なんだけど、この先どうなるのかしら……」と鬱々としていましたが、今回インプラント治療でガッシリした歯が入ったので、とりあえず人心地がつきました。

インプラントは高額の治療だし、そういう意味で迷うことは多いと思います。私も迷いました。

でもあおば歯科ではカウンセリングというのが最初にあって、そこで相談することが可能です。相談した後で「やっぱりやめます」というのでも全然構わないと、松浦院長がはっきりおっしゃっています。ということは、最後は自分に選択権があるわけですから、迷っているのなら、一度相談ぐらいはしてみてもいいかもしれません。

あおば歯科さん、今回は良い治療をしていただいてありがとうございました。これからも野田市の人々のためにがんばってくださいね!

※ 取材日時 2013年10月
※ 文中に記載されている数値など情報は、いずれも取材時点のものです。
※ 取材制作:カスタマワイズ