歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは歯周病は、プラーク(歯垢)のなかに潜む歯周病菌が炎症を起こし、歯周組織(歯肉や顎の骨など)を破壊してしまう病気。日本人の約8割が歯周病患者か、あるいはその予備軍であると言われており、「歯を失う理由」では虫歯を押さえて第1位というデータもあります。

歯周病は、初期症状として歯ぐきから血が出たり腫れたりしますが、症状の進行が遅いことや、この段階では痛みがほとんどなく気が付きにくいのが特徴。しかし、痛くないからといって放っておけば、やがて症状は進行し、大切な歯が抜け落ちてしまうことにもなりかねません。歯周病を理解し、早めに処置・定期健診を継続して歯周病を予防しましょう。

歯周病の進行

歯周病の進行

歯周病セルフチェック

歯周病の症状を、ご自身でチェックしてみましょう。「YES」「NO」にチェックを入れ、「診断」のボタンをクリックすると、あなたの大体の症状が分かります。

チェック1: ブラッシング後、歯ぐきがから血が出る YES   NO
チェック2: 堅いものを食べると歯ぐきから血が出る YES   NO
チェック3: 堅いものを食べると歯ぐきが痛む YES   NO
チェック4: 歯ぐきが赤く腫れている YES   NO
チェック5: 触るとぐらぐら動く歯がある YES   NO
チェック6: 他人から口臭を指摘されたことがある YES   NO
チェック7: 朝起きたとき、口のなかがネバネバする YES   NO
チェック8: 歯ぐきが下がったor歯が長くなった気がする YES   NO
チェック9: 歯と歯の間にものが挟まりやすくなった YES   NO
チェック10: 歯ぐきがぶよぶよしている YES   NO
チェック11: 虫歯はないのに、冷たいものがしみる YES   NO
チェック12: 治療をしていない歯がある YES   NO
チェック13: 歯肉の色が赤い、または黒っぽい YES   NO

歯周病の可能性は低いでしょう

あなたの歯と歯ぐきは健康なようです。この状態を保つために毎日のブラッシングを欠かさず丁寧に行いましょう。

軽度の歯周病かもしれません

軽度の歯周病の疑いがあります。放っておけば、知らず知らずに症状は進行してしまいます。まずは一度受診して症状を詳しく調べましょう。

中等度の歯周病かもしれません

あなたの歯周病はすでに治療が必要なところまで進行しているようです。さらに症状が進んでしまわないよう、早めに受診しましょう。

重度の歯周病かもしれません。

顎の骨まで溶け出している可能性があります。歯を失ってしまわないためにも、一日も早く受診することをおすすめします。

スケーリング

スケーリング歯面に沈着した歯垢は、放っておくと石灰化してやがて歯石になります。歯垢や歯石はスケーラーという機器で取り除く処置をスケーリングと言います。歯垢や歯石は虫歯や歯周病の原因となるため、定期的にスケーリングを行うことが大切です。

PMTC

PMTC専用の機器を使って歯の表面を研磨し汚れを除去します。歯がつるつるになるのはもちろん、フッ素入りの研磨剤を使うため、虫歯予防としても効果的です。

歯周外科治療

歯周外科治療スケーリングやPMTCでは対処しきれない症状に対して行う歯周治療です。歯肉を切開して歯垢を取り除いたり骨を再生させたりする治療を行います。