お子さまをお持ちの保護者の方へ

「こわいよー!!!」
「歯医者さんなんていやだー!!! おうちに帰るーー!」

お子さまをお持ちの保護者の方へ

あおば歯科院長が以前勤務していた歯科医院でも、診療室でこのように泣き叫ぶお子さまの姿が みられました。スタッフ総出でお子さまをなんとかなだめながら治療をする……
それは仕方のないことなんだ。私もそう思っていました。

しかし、自分の子どもを授かり、小児歯科の研鑽をつんでいった今は違います。

あおば歯科に来院するお子さまたちはみんな、笑顔で来院して笑顔で帰っていきます。 まるで遊びにくるかのように。なかには、「わたし歯医者さん大好き」とか「今日も楽しかった!」とか「将来は歯医者さんになりたい!!」と言ってくれて帰っていくお子さまもいらっしゃいます。

お子さまが楽しく遊びにいける歯医者さん

なぜ、あおば歯科ではお子さまたちが楽しく治療を受けてくれるのでしょうか?
その答えは、「こわくない治療」と「ご褒美」が待っているからです。

あおば歯科では、歯医者が嫌いなお子さまを一人でも少なくしたいと思っています。一度歯医者嫌いになってしまったら、大人になってからも歯医者が遠ざかってしまうからです。多少歯が痛くても我慢して、余計に歯をボロボロにしてしまう大人の方は少なくありません。

みなさんの歯を残していただくため、健康なお口を維持していただくため、あおば歯科は小児期の体験こそが重要だと考え、やさしい診療とご褒美による歯医者克服を掲げています。

安心して「食べる」「しゃべられる」毎日のために

お子さまが楽しく遊びにいける歯医者さん

「子どもの歯はどうせ生え替わるから、少しくらい虫歯があっても大丈夫」と お考えのお父さん・お母さんも多いようです。ですが、それは間違い。
お子さまの歯(乳歯)で虫歯が多いと、大人の歯(永久歯)にうまく生え替わることが できず、歯並びが悪くなってしまいます。

そして歯の状態が悪いと、硬い物が食べにくくなり、顎の発達が弱くなって、 お顔の見た目に影響が出てしまうこともあります。食事を楽しむ、 思い切り笑う、自分に自信を持つ……そんな当たり前のことが、 理想的にできなくなってしまう可能性があります。

あおば歯科では、「小学校卒業まで虫歯ゼロ(カリエスフリー)」のお子さまを増やし、お子さまの輝く未来のお手伝いをさせていただいています。お子さまの虫歯予防として行うのは以下の通り。

1.歯科衛生士による問診

1.歯科衛生士による問診

生活の様子(食事の取り方・おやつの回数・歯ブラシの使用状況など)を お伺いします。初めてのお子さまには無理矢理治療をすすめず、 まずは器具になれていただくための練習からスタートします。1回約20分です。

1.歯科衛生士による問診

2.ドクターチェック

お子さまのお口の中を拝見し、 虫歯などの異常がないかどうかをチェックします。

3.染め出し・TBI

お子さまのお口の中を染め出し液によって染め出して、 磨けているところと磨けていないところをわかりやすくし、 保護者様にご確認いただきます。ご自宅でも磨けていない場所がしっかり磨けるよう、 衛生士からわかりやすく、そして楽しく指導させていただきます。

4.PMTC(クリーニング)

4.PMTC(クリーニング)

歯ブラシでは落とすことができない虫歯の原因物質(バイオフィルムやプラークなど)を 専用器具で落とします。小さい頃からPMTCを受けることで、 虫歯予防効果がアップすると考えられています。

5.フッ素塗布

5.フッ素塗布

フッ素を塗ることで歯が丈夫になり、初期の虫歯であれば予防や改善が見込める可能性があります。フッ素を塗って丈夫な歯を手に入れましょう。

6.リコール(定期検診)

健康的なお口を保つには、プロによる定期的なチェックと改善活動が必要です。あおば歯科では、定期検診のご予約を忘れてしまわないよう、検診日の1週間前あたりにご予約確認の電話をさせていただいています。