妊娠中の歯科治療

妊娠しているけど歯の治療ってできるの?

妊娠中

妊娠おめでとうございます。つわりなどで十分に歯みがきが出来ないと、お口の健康、気になりますよね。お腹の赤ちゃんのためにも、治療をお勧めします。

お腹が大きくなってくると、あお向けで治療するのが辛くなるので、安定期に入ったら治療を始めるのがよいでしょう。
出産後は赤ちゃんのお世話にかかりきりで、自分のことは後回しになりがちな新米ママ。出産前に口内環境を整えておき、万全の体制で、生まれてくる赤ちゃんをお迎えしましょう。

今は軽いむし歯でも、放置してひどくなると、神経や、歯を抜く場合も。治療に何日もかかることになれば、赤ちゃんのいるママには大変な負担になってしまいます。
子どもの患者さんにも人気の当院、野田のあおば歯科で、ママの予習、してみませんか。

妊娠中のお口のトラブルって?

歯ブラシ

ではなぜ、妊娠中にお口周りのトラブルが発生しやすいのでしょうか。
妊娠中はホルモンの作用などで唾液が減り、口の中がねばつくほか、虫歯菌や歯周病菌が増殖するようになります。

マタニティ期につきものの、「つわり」による食生活の変化も影響します。つわりは吐き気以外にも、酸っぱいものばかり食べたくなったり、空腹時に吐き気を感じるために一日に何回も食べたりしてしまうことがあります。
つわりで十分なブラッシングができず歯垢がたまりやすくなったところへ、唾液や胃酸の酸性度が変化して、酸が歯のエナメル質を溶かすので、虫歯にかかりやすくなります。ブラッシングが難しい場合は、ブクブクうがいでなるべくお口を清潔に保ちましょう。


妊娠中は特に歯ぐきの状態にも注意が必要です。

「妊娠性歯肉炎」という言葉をご存知でしょうか。妊娠中のホルモンバランスの変化によって起きる歯肉炎のことです。一般的な歯肉炎と同様痛みがなく、気づいたときには進行していた…ということもあります。

また、この妊娠性歯肉炎が進行して歯周病になるケースがあります。
歯周病は歯垢(プラーク)に潜む歯周病菌が原因で、進行すると歯肉が炎症を起こし、組織が破壊されてしまいます。その結果歯自体もグラグラして、歯を失ってしまいかねません。そのほかにも出血や歯石、口臭といった症状が見られます。
歯周病菌がお腹の赤ちゃんに影響を及ぼし、早産や低体重児のリスクが通常の7倍も高まるという調査結果が報告されています。

歯周病も歯肉炎と同様、症状に気づきにくいという特徴があるため、知らず知らずのうちに進行してしまうことがあります。ですが実は、日本人の約8割が歯周病患者とその予備群と言われ、歯を失う原因の第1位が歯周病と言うデータもあります。

親子

お口のトラブルは早期発見・早期治療が鉄則。歯医者での定期的なメンテナンスをすることで、妊娠中も安心して過ごしていただけます。
少しでも不安に感じることがあれば、マタニティ歯科検診も行っている野田市のあおば歯科へお気軽におたずねください。

レントゲン撮影の赤ちゃんへの影響は?

あおば歯科のデジタルレントゲン
あおば歯科のデジタルレントゲン

歯科のレントゲンは口腔内を撮影するためのもので、子宮からも離れており、お腹にX線があたるということはありません。念のため防護エプロンをつけますが、赤ちゃんへの影響はありません。

また、あおば歯科はデジタルレントゲンという通常の線量より10分の1程度で撮影が可能な最新の設備を導入しています。万全の体制を整えていますので、安心してレントゲン撮影をお受けください。

麻酔をしてもだいじょうぶ?

無痛治療に力を入れています。どうぞリラックスしてくださいね!
無痛治療に力を入れています。
どうぞリラックスしてくださいね!

赤ちゃんのお口の中にはそもそもむし歯菌はいないといわれています。赤ちゃんが食事の際、ママや家族が食べものをフーフーしたり、ついスプーンを共有してしまったりすることで、むしば菌は赤ちゃんの口の中へ住み着くのです。

赤ちゃんのまわりのおとなのむしば菌をコントロールしていくことで、赤ちゃんの大切な歯を守ってあげたいですね!

そのためにも、まずは出産までにいちばんきれいなお口の状態を作っておくことが重要ですね!