妊娠中の歯科治療

妊娠しているけど歯の治療ってできるの?

妊娠中

もし妊娠している現在、お口の中で気になることがありましたらすぐに歯医者さんに診てもらうことをおススメします。

出産までにいちばんきれいなお口の状態を作っておくことがママにも赤ちゃんにも大切です。なぜなら出産後は赤ちゃんのお世話でママ自身のことは後回しにしてしまいがちだからです。少々の痛みや困りごとを放置しても状態がよくなることは絶対にありません。

結果的にたくさん歯を削らなくてはいけなくなったり、神経を抜いたり、銀歯になったり、歯を抜かなくてはいけなくなることだってあるのです。また、治療にはまとまった期間が必要になることが多いです。もし現在気になることがなくても、妊娠中は普段よりもお口のトラブルが起きやすくなっています。産婦人科で妊娠がわかった帰り道、お口の状態を見せにどうぞあおば歯科へお越しください。

妊娠中のお口のトラブルって?

歯ブラシ

妊娠中はホルモンの関係で唾液が減る一方、むしば菌や歯周病菌は増え、口の中がねばねばするなど清潔が保ちにくい状態になります。

また、つわりなどの影響で酸っぱいものが食べたくなる、など嗜好が変化したり、一度にたくさん食べられずに少しずつ何回にも分けて食事をするなど、食習慣も変わります。

唾液や胃液の酸度が変化し、つわりで十分な歯磨きができないことから、歯垢がたまりやすくなり、酸が歯のエナメル質を溶かすため、むし歯にかかりやすくなるのです。

歯みがきをがんばれるといいですが、どうしてもできないときはブクブクうがいをするなどして口の中を衛生的に整えましょう。


妊娠中は特に歯ぐきの状態にも注意が必要です。

ホルモンバランスの変化によって妊娠中に起こりやすい歯肉炎に「妊娠性歯肉炎」があります。妊娠性歯肉炎は、一般的な歯肉炎と同様、痛みがありませんから、症状に気付きにくく進行させやすいという特徴があります。

妊娠性歯肉炎が進行して歯周病になってしまうこともあります。出産後も歯肉炎の症状が続き、歯周病に移行するケースもあります。歯周病は歯垢のなかに潜む歯周病菌が炎症を起こし、歯周組織(歯肉や顎の骨など)を破壊してしまう病気。日本人の約8割が歯周病患者か、あるいはその予備軍であると言われており、「歯を失う理由」では虫歯を押さえて第1位というデータもあります。

歯周病が進行すると歯肉だけでなく、骨の組織も破壊します。その結果、歯がグラグラして抜けてしまうのが歯周病。歯石、出血、口臭などの症状が見られ、免疫力が落ちているときにはとくになりやすいといわれ、妊娠中は特に注意が必要です。

そして歯周病菌は、赤ちゃんにも悪影響を及ぼすといわれています。歯周病は、低体重児や早産のリスクを7倍高めるという調査結果も報告されています。

親子

歯肉炎だけでなく歯周病も、痛みはほとんどなく、症状に気付いたころには、すでに進行してしまっているケースも少なくありません。

普段の歯みがきはもちろん、出血や歯肉の腫れなど症状に気付いた時にはあおば歯科へご相談くださいね。

レントゲン撮影の赤ちゃんへの影響は?

あおば歯科のデジタルレントゲン
あおば歯科のデジタルレントゲン

歯科のレントゲンは口腔内を撮影するためのもので、子宮からも離れており、お腹にX線があたるということはありません。念のため防護エプロンをつけますが、赤ちゃんへの影響はありません。

また、あおば歯科はデジタルレントゲンという通常の線量より10分の1程度で撮影が可能な最新の設備を導入しています。万全の体制を整えていますので、安心してレントゲン撮影をお受けください。

麻酔をしてもだいじょうぶ?

無痛治療に力を入れています。どうぞリラックスしてくださいね!
無痛治療に力を入れています。
どうぞリラックスしてくださいね!

赤ちゃんのお口の中にはそもそもむし歯菌はいないといわれています。赤ちゃんが食事の際、ママや家族が食べものをフーフーしたり、ついスプーンを共有してしまったりすることで、むしば菌は赤ちゃんの口の中へ住み着くのです。

赤ちゃんのまわりのおとなのむしば菌をコントロールしていくことで、赤ちゃんの大切な歯を守ってあげたいですね!

そのためにも、まずは出産までにいちばんきれいなお口の状態を作っておくことが重要ですね!