一般歯科

歯科治療の流れ

歯科治療の流れ

あおば歯科では、患者様のストレスとなる待ち時間をなくすため、またじっくり時間をかけてすべての患者様に安心・安全な治療を行うために予約診療制を採用しています。
まずはお電話(04-7192-7111)にて希望される診療日時をお伝えの上ご予約ください。また「急に歯が痛んで……」などのお急ぎの場合も随時受け付けていますのでお気軽にお越しください。

1.初診カウンセリング
初診の患者様には問診票をご記入いただき、現在お悩みのことや希望される治療などをお伺いします。
初診で、トリートメントコーディネーターが症状をお聞きして、患者様のご希望に合わせて治療方針を決めていきます。
※トリートメントコーディネーターとは、患者様が安心して治療を受けられるように、ドクターと患者様との間に立ち、カウンセリングや説明などを行うスタッフです。アメリカでは、導入している医院も多く、第3者の目線で患者様とドクターの橋渡しをします。
2.検査・応急処置
カウンセリング後、レントゲンや口内写真の撮影、虫歯・歯周病検査など治療に必要な資料を集めます。それをもとに治療計画を立て、治療についてご説明します。
※歯の強い痛みなど、急を要する場合は先に応急処置を行います。
3.歯周病治療
歯周病は、実は多くの方がかかっている病気です。初期段階では自覚症状がなく、重症になってから気づかれるケースが大半です。歯周病のまま虫歯治療や審美歯科治療などを行っても、詰めものが取れたり出血量が増えたりしてしまうため、先に歯周病を治療しておきます。
4.虫歯治療
歯周病治療を終えて、口内環境がある程度整ったら虫歯治療を行います。当院では痛みの少ない丁寧な治療を心がけていますのでご安心ください。なお、治療後に用いる詰めものや被せものについては、患者様にご説明した後に一緒に選びます。
5.予防
治療は完了となりますが、それで安心してはいけません。再び治療をすることがないように、治療後も健康な口内環境を保ちましょう。毎日のブラッシングや当院での定期的な検診で予防に励んでください。

痛みを抑えた無痛治療

多くの方が、歯医者に対して「痛い」「怖い」というイメージをお持ちかと思います。痛みや不安を少しでも和らげるために、当院では痛みの少ない麻酔注入法を採り入れるなど、無痛治療を実践しています。苦手意識をお持ちの大人の患者様にも、「歯医者は痛くて怖い」とイメージを持ってしまっているお子さまにも、安心して治療を受けていただけるように努めています。

当院の無痛治療の手順

痛みをなくすための麻酔が一番痛い……それでは本末転倒です。当院では麻酔の段階から痛みを感じにくくするための工夫を行っています。

1. 表面麻酔を塗る

麻酔の注射針を刺す場所にゼリー状の表面麻酔薬を塗って、歯ぐき表面の神経をマヒさせます。これにより針が入るときの痛みを緩和することができます。

2. 極細の注射針を使う

針は細ければ細いほど痛みを感じにくくなるため、当院では極細の針を使用しています。

3. 麻酔薬カートリッジウォーマーで麻酔薬を温める

麻酔薬を人の体温と同じくらいに温めることで、麻酔薬が注入されたときのピリッとした刺激や圧迫感を和らげます。特に、麻酔薬が冷えやすい冬に大活躍です。

4. コードレス電動麻酔注射器で注入

人の手で麻酔を注入すると、どんなに注意していても注入スピードのムラなどから刺激や違和感が出てしまうもの。それを解消するのが電動麻酔注射器です。一定の圧力とスピードでゆっくり注入するので、歯ぐきに伝わる刺激を少なくできます。

5. 痛みを抑えるドクターの技術

電動麻酔注射器を使ったとしても、針を動かすことなく一定のスピードで操作するための技術が必要です。当院のドクターは機器の操作や針の注入角度など、すべての手順において痛みを和らげるための技術を持っています。

その他の無痛治療用機器

1. レーザー治療 ~あらゆる治療の殺菌・止血に~

歯周病治療や歯ぐきの色素除去、口内炎など、さまざまな治療に用います。殺菌・止血効果に優れ、歯肉を切っても血が出にくく、傷の治りが早く、さらに術後の痛みも出にくいという特徴を持っています。

2. レーザー診断機「ダイアアグノデント」 ~正確な虫歯治療に~ 

歯質の状態をレーザーで測定し、歯質の変化を数値で知ることができる診断機です。視診やレントゲンではわからないわずかな変化も発見できるうえに、患部の正確な境目がはっきりとわかるため、虫歯治療で必要以上に歯を削る必要がありません。

3. テープ式表面麻酔「ペンレス」 ~効果の高い表面麻酔~

他の表面麻酔よりも麻酔効力に優れたテープ式の表面麻酔です。医科で使用されることが多く、歯科ではあまり多くの医院で採用されていませんが、当院では強い痛みを感じる患者様などに用いています。

「予防」こそが究極の無痛治療です

安心して治療を受けていただくために当院では痛みのない治療を実践していますが、本当に大切なことは痛い治療が必要になってしまう前に予防することです。虫歯にならない、歯周病にならないようしっかりケアをすれば、痛い治療をすることはありません。

当院では、究極の無痛治療とは予防をすることだと考えます。痛みや腫れなどのストレスを抱えてしまわないように、予防に力を入れていきましょう。

虫歯の各段階の紹介

虫歯の各段階の紹介

虫歯は、口の中にいるミュータンス菌が出す酸によって歯が徐々に歯が溶かされていく病気です。一度溶けてしまった歯は二度と自然に元に戻ることはなく、治療をせずに放置すればどんどん悪化してしまいます。できてしまった虫歯には必要な治療を行い、丁寧なブラッシングで口内環境が進行しないように環境を整えること、これが健康な歯をキープする秘訣です。

虫歯の進行段階

虫歯の症状は「C0」~「C4」の5段階に分類されます。「C」は「caries(カリエス)」の頭文字で、英語で虫歯という意味です。

むし歯の進行段階その1C0
エナメル質(歯の表面)のカルシウムが徐々に溶け始め、歯の表面が白く濁ります。C0は丁寧なブラッシングや歯科医院でのフッ素塗布で治癒します。

むし歯の進行段階その2C1
エナメル質が溶かされている段階です。痛みはありませんが、C1を放っておくとどんどん悪化するため、歯科医院で虫歯部分を削って詰めものを詰める治療が必要です。

むし歯の進行段階その3C2
エナメル質の次の層である象牙質(神経を守る壁)にまで虫歯が達している段階で、冷たいものや甘いものを食べるとしみます。治療は虫歯部分を削って詰めもの・被せものなどをします。

むし歯の進行段階その4C3
象牙質のさらに奥にある神経(歯髄)にまで虫歯が達している状態です。ズキズキと強い痛みが続きます。治療は虫歯部分を削って被せものを被せます。

むし歯の進行段階その5C4
さらに虫歯が広がって歯がほとんどない状態です。歯の根を残し神経は死んでいて、歯ぐきや頬が腫れた状態です。必要に応じて抜歯し、歯を抜いた後はインプラント治療や入れ歯などの治療で機能を補います。

千葉県野田市|診療予約|あおば歯科

初診時は問診票記入のため予約の30分前までにお越しください!

小児歯科治療の詳しい情報はこちら