一般歯科

歯科治療の流れ

歯科治療の流れ

あおば歯科では、患者様のストレスとなる待ち時間をなくすため、またじっくり時間をかけてすべての患者様に安心・安全な治療を行うために予約診療制を採用しています。
まずはお電話(04-7192-7111)にて希望される診療日時をお伝えの上ご予約ください。また「急に歯が痛んで……」などのお急ぎの場合も随時受け付けていますのでお気軽にお越しください。

1.初診カウンセリング
初診の患者様には問診票をご記入いただき、現在お悩みのことや希望される治療などをお伺いします。
初診で、トリートメントコーディネーターが症状をお聞きして、患者様のご希望に合わせて治療方針を決めていきます。
※トリートメントコーディネーターとは、患者様が安心して治療を受けられるように、ドクターと患者様との間に立ち、カウンセリングや説明などを行うスタッフです。アメリカでは、導入している医院も多く、第3者の目線で患者様とドクターの橋渡しをします。
2.検査・応急処置
カウンセリング後、レントゲンや口内写真の撮影、虫歯・歯周病検査など治療に必要な資料を集めます。それをもとに治療計画を立て、治療についてご説明します。
※歯の強い痛みなど、急を要する場合は先に応急処置を行います。
3.歯周病治療
歯周病は、実は多くの方がかかっている病気です。初期段階では自覚症状がなく、重症になってから気づかれるケースが大半です。歯周病のまま虫歯治療や審美歯科治療などを行っても、詰めものが取れたり出血量が増えたりしてしまうため、先に歯周病を治療しておきます。
4.虫歯治療
歯周病治療を終えて、口内環境がある程度整ったら虫歯治療を行います。当院では痛みの少ない丁寧な治療を心がけていますのでご安心ください。なお、治療後に用いる詰めものや被せものについては、患者様にご説明した後に一緒に選びます。
5.予防
治療は完了となりますが、それで安心してはいけません。再び治療をすることがないように、治療後も健康な口内環境を保ちましょう。毎日のブラッシングや当院での定期的な検診で予防に励んでください。

痛みを抑えた無痛治療

虫歯は大人に限ったものではありません。六歳臼歯が顔をのぞかせ、永久歯が生えはじめたお子様はまだ奥歯を上手に磨けず、虫歯になってしまうこともあります。そこで小児歯科もある当院では、小さなお子様でも安心して歯科治療を受けられる、痛みの少ない無痛治療を実施しています。
患者様の想像される痛みのひとつが、歯科治療に不可欠な「麻酔注射」でしょう。無痛治療では、この麻酔時の痛みを軽減することができます。

当院の無痛治療の手順

痛みをなくすための麻酔が一番痛い……それでは本末転倒です。当院では麻酔の段階から痛みを感じにくくするための工夫を行っています。

1. 注射前の表面麻酔

麻酔注射をする箇所へあらかじめゼリー状の麻酔薬を塗布することで、歯ぐきの表面の神経をまひさせ、注射針による痛みを和らげることができます。

2. 極細の注射針を使用

注射器の針にはさまざまな太さがあります。針は細いほど痛みを感じにくくなるので、当院では極細の注射針を使用しています。

3. 麻酔薬をあらかじめ温めておく

麻酔薬が入った時に感じるピリっとした刺激と圧迫感は、歯ぐきと麻酔薬の間に生じる温度差が大きいと感じやすくなります。特に冬場は麻酔薬が冷えやすい季節のため、「麻酔薬カートリッジウォーマー」で麻酔薬を人の体温に近い温度まで温めておき刺激を和らげます。

4. コードレス電動麻酔注射器

刺激・違和感の原因のひとつは、麻酔の注入スピードや圧力のばらつきです。人の手ではどうしても速度や圧力を始終一定に保つのは難しいため、活躍するのがこの注射器です。コンピューター制御で一定の速度で麻酔薬を注入できるため、歯ぐきへの刺激が少なくなります。もちろん、痛みを軽減できるよう針を動かさないことや針の角度にいたるまで、技術を持った医師とスタッフが治療にあたります。

5. 痛みを抑えるドクターの技術

電動麻酔注射器を使ったとしても、針を動かすことなく一定のスピードで操作するための技術が必要です。当院のドクターは機器の操作や針の注入角度など、すべての手順において痛みを和らげるための技術を持っています。

その他の無痛治療用機器

1. レーザー治療 ~あらゆる治療の殺菌・止血に~

歯周病治療や歯ぐきの色素除去、口内炎など、さまざまな治療に用います。殺菌・止血効果に優れ、歯肉を切っても血が出にくく、傷の治りが早く、さらに術後の痛みも出にくいという特徴を持っています。

2. レーザー診断機「ダイアアグノデント」 ~正確な虫歯治療に~ 

歯質の状態をレーザーで測定し、歯質の変化を数値で知ることができる診断機です。視診やレントゲンではわからないわずかな変化も発見できるうえに、患部の正確な境目がはっきりとわかるため、虫歯治療で必要以上に歯を削る必要がありません。

3. テープ式表面麻酔「ペンレス」 ~効果の高い表面麻酔~

他の表面麻酔よりも麻酔効力に優れたテープ式の表面麻酔です。医科で使用されることが多く、歯科ではあまり多くの医院で採用されていませんが、当院では強い痛みを感じる患者様などに用いています。

「予防」こそが究極の無痛治療です

安心して治療を受けていただくために当院では痛みのない治療を実践していますが、本当に大切なことは痛い治療が必要になってしまう前に予防することです。虫歯にならない、歯周病にならないようしっかりケアをすれば、痛い治療をすることはありません。

当院では、究極の無痛治療とは予防をすることだと考えます。痛みや腫れなどのストレスを抱えてしまわないように、予防に力を入れていきましょう。

虫歯の各段階の紹介

虫歯の各段階の紹介

虫歯の原因は、お口の中にいる細菌(ミュータンス菌)です。細菌は食事の際に取り込まれる「糖」を分解して「酸」を産生します。食後のブラッシングを怠ると歯の表面に付いたままの「酸」が歯を溶かしていき「虫歯」になります。虫歯は放置しておくと悪化する歯の病気です。少しでも早く治療を始めましょう。
虫歯の症状を段階(C0~C4)ごとに紹介します。

虫歯の進行段階

虫歯の症状は「C0」~「C4」の5段階に分類されます。「C」は「caries(カリエス)」の頭文字で、英語で虫歯という意味です。

むし歯の進行段階その1C0
エナメル質は溶けていませんが色の変化(白濁)が見られる状態です。再石灰化の自己修復作用や歯科医院でのフッ素塗布等で治る軽度の状態です。

むし歯の進行段階その2C1
エナメル質が溶けて虫歯の穴があいた状態です。痛みはほとんどありません。歯を削っての治療が必要です。

むし歯の進行段階その3C2
虫歯がエナメル質の先にある象牙質にまで進んだ状態です。冷たい飲み物などで痛みを感じることがあります。歯の虫歯の部分を削って治療します。

むし歯の進行段階その4C3
虫歯が象牙質を超えて神経にまで進んだ状態です。ズキズキと痛みが出たり、歯ぐきが腫れたりします。虫歯の進行状況では根管治療を行います。

むし歯の進行段階その5C4
虫歯が進んで歯が溶けてしまい、歯ぐきの中に歯の根だけが残った状態です。根の中の神経は死んでいるので痛みはありませんが、放置すると歯ぐきや歯槽骨にまで影響が及びます。残った根を抜いて治療することもあります。

大切な歯を失うことのないように、毎日の丁寧なブラッシングが重要です。特にお子さまの乳歯のエナメル質はやわらかく虫歯になりやすいので注意してください。乳歯は生え変わるからと虫歯を放置するお母さまもいらっしゃいますが、乳歯の虫歯は永久歯の質や歯並びに悪影響を与えることがあります。当院では虫歯の早期発見を可能にする「定期検診」や虫歯の予防に効果的な歯のクリーニング、フッ素塗布等の処置を行う「予防歯科」をおすすめしています。

千葉県野田市|診療予約|あおば歯科

初診時は問診票記入のため予約の30分前までにお越しください!

小児歯科治療の詳しい情報はこちら