審美歯科

「歯のかぶせものなんて保険で十分でしょ」
「もう歳だから、保険の安いのでいいや」
「奥の歯は見えないから銀歯でもいいや」
このようにおっしゃる方は、まだまだ多くいらっしゃいます。
ほとんどの方は保険の治療で十分だと思っています。

しかし、本当にそうなのでしょうか?
我々歯科診療を行う立場から見ると、保険診療には限界があるというのが実際のところです。

保険の前歯の特徴

まず、保険の前歯のかぶせものですが、簡単にいうと金属の上にプラスチックをかぶせたものです。これは表面がプラスチックですので、平均的には1~2年程度で変色してしまいます。さらに変色だけでなく、水分を吸収して口臭の原因となることもあります(皆さんのおうちにあるタッパーの変色やにおいを想像してみてください!)。

保険の前歯の特徴皆さんの周りの方でも、前歯の色が明らかに他の歯と違う、黄色っぽく変色した方はいらっしゃいませんか?

また、保険の前歯はプラスチック製ですので、天然歯の色・ツヤ・透明感を出そうと思っても出すことができません。ですから、たとえ変色こそしていなくても、「あっ、他の歯と違うな」と感じてしまいます。

保険の奥歯の特徴

奥歯は前歯ほど目立たないものの、やはり保険の銀歯にすると、笑った時にキラッと見えてしまう方が多いようです(口を開く大きさによっても変わります)。特に下の歯だと、口を開けて笑うだけでかなり見えてしまいます。人と話をしていて、「あっ、この人キレイなのに銀歯が入っているんだな」と思うことはありませんか?

もちろん、銀歯が入っていることなんてまったく気にならないという方もいらっしゃるかと思います。しかし、一方で「銀歯は見えるから入れたくない」という方もとっても多くいらっしゃいます。ですが、白い歯を入れたくても経済的な事情から入れられない方が多いのが実情です。

ということは、「別に銀歯でいいよ」といっている本人以上に、それを見ている人のほうが気になっているということも考えられるのではないでしょうか。

銀歯は気になる?気にならない?

たとえば、身だしなみや外見を気にされ、キレイにされているのに、笑うと銀歯が4本ぐらい見えて、前歯は3本も変色している20代の女性がいたら、どう思われますか?「顔もかわいいし、見た目もキレイなのにもったいない」と思いませんか?

つまり、歯はそれほどに他人からの見た目に影響があるということなのではないでしょうか。

白い歯でキレイな笑顔と、銀歯が見える笑顔では、どちらがいいでしょうか?その違いには大きな価値があるとは思いませんか?

銀歯は気になる?気にならない?笑顔がステキな人ほど、印象はよいものですが、その印象が仕事にも影響が大きいのはいうまでもありません。ということは、第一印象に影響する笑顔、そこに銀歯があるかどうかも仕事において影響があると思いませんか?

見た目が気になる方の対処法

あおば歯科のスタッフは全員、あなたの健康と笑顔、そしていつまでも続く美しさを願っています。あなたの日々の生活を充実させるため、『美しい歯』を取り戻すための治療を行っています。

すでに見た目が気になっている方には、次のような対処方法があります。

1.クリーニング(PMTC)

歯の表面についた着色汚れやタバコのヤニを除去します。歯石がついている方は、この治療の前にスケーリング(歯石除去:保険適用)が必要です。

銀歯は気になる?気にならない?

2.ホワイトニング

歯をお薬で白くする方法です。タバコを吸っている方はご遠慮ください。

ホームホワイトニング
患者様のご自宅でマウストレーを使ってホワイトニングを行っていただく方法です。まず当院で患者様専用のマウストレーを作製し、ご自宅でマウストレーに薬剤を入れて歯に装着していただきます。じっくりと時間をかけて確実に白くすることができ、すぐに色戻りすることはありません。

※効果が出るまで個人差はありますが、2週間から4週間の期間が必要です。

クリーニング(PMTC)

3.セラミッククラウン、インレー

被せものによる審美修復です。あおば歯科では、さまざまな種類の被せものを扱っております。(下記以外にもさらにハイグレードな被せものもご用意しています)。

前歯の被せもの

種類 画像イメージ 変色のしにくさ 色ツヤ 透明感 金額
(税抜)
オール
セラミック
前歯の被せもの 120,000円
セラミック
(メタルボンド)
前歯の被せもの 80,000円
ハイブリッド
セラミック
(エステニア)
前歯の被せもの 60,000円
プラスチック
(保険適用)
前歯の被せもの 5,000~7,500円

臼歯の被せもの(全体)

種類 画像イメージ 審美性 耐久性 金額
(税抜)
セラミック
(メタルボンド)
臼歯の被せもの(全体) 80,000円
ゴールドクラウン 臼歯の被せもの(全体) 50,000円
銀歯
(保険適用治療)
臼歯の被せもの(全体) 3,000~5,000円

臼歯の被せもの(部分)

種類 イメージ 審美性 耐久性 金額(税抜)
オールセラミックインレー 臼歯の被せもの(部分) 40,000円
ゴールドインレー 臼歯の被せもの(部分) 40,000円
銀歯
(保険適用)0
臼歯の被せもの(部分) 約2,000円

あおば歯科では、どんな方法があなたに最適かを検討するため、専任のカウンセラーが十分に時間をかけてカウンセリングを行います。その際にあなたのご希望をよくお聞きします。その際に、費用や注意点などをしっかりとってご説明します。ご不明な点、心配な点、何でもご相談ください。

そうして治療の方法が決まったら、その後処置、治療に入ります。

保険治療と保険外の治療には違いがある

保険適用治療と保険適用外の治療は、見た目以外にも大きな違いがあります。それは、精度の違いです。保険でも最善の治療ができるかというと、じつは現実的には難しいのです。

保険制度では、1つの処置の治療費が決められています。それはとても上手なベテラン歯科医師が行っても、大学を卒業したばかりの新人医師が行っても同じ価格なのです。しかも、その金額は非常に低く設定されています。

たとえば、保険で奥歯を銀歯で治療すると3,000円程度(保険の負担額により異なる)です。これを保険外のメタルボンドで白くしたら80,000円です。金額にこれだけの差があるなら、治療の質や精度に差が出るのは当然ではないでしょうか。

治療の質と精度とは、どれだけ時間と手間をかけられるかによります。金額が大きければ、手間がかかるけど丁寧な仕上がりになる治療法や、保険が利かないけどキレイな仕上がりになる高価な材料を使うこともできます。

既製服とオーダーメードの違い

保険治療と保険外治療のたとえでよく使われるのが既製服とオーダーメードの違いです。

「デザインはいいんだけど、き、きつい!残念、あきらめよう……」

もう少し色が濃ければいいのになー、まあ妥協しておくか……」

「このスーツ、見た目はいいけど、肩がこるんだよね」
「足の大きさが左右でちょっと違うから、左右違うサイズを買えたらいいのに……」

このようなことを感じたことはありませんか?
これと同じことが歯科治療でもあるのです。

保険治療は治療費用が決められているので、使える材料、使える時間が限られます。そうなると、もちろん一人ひとりに応じた治療をするとはいっても、どうしてもかけられる時間が短く精度が落ちてしまいます。治療の精度が落ちると、体型に洋服が合ってないのと同じような不具合が生じます。たとえば、自分の歯と被せものの間に隙間ができてむし歯が再発しやすくなったり、かみ合わせが悪くなったりすることがあります。

しかし、保険外治療なら十分な時間と高価な材料が使えますから、十分に治療精度を上げることができます。精度が上がると、オーダーメードの服と同じように咬みあわせがぴったり合い、自分の歯と被せものがしっかりフィットして、隙間を極限までなくすことが可能になるのです。

保険外治療を受ければ、ドクターが持っている技術を最大限に引き出し、そのドクターにとって100%の最高の治療を受けることが可能になります。しかし、保険治療では、時間と材料の関係上、70~80%程度の治療しか受けることができないのです。

自分の口元に自信を持って生活していけること
自分の口を健康に保つために、最高の治療を受けること
あなたはここに、どれだけの価値を見出すでしょうか?

もし価値を感じられた方には、保険外治療を検討されることをオススメします。

強引な治療はいたしません

強引な治療はいたしません